闇金

闇金とサラ金の違いについて

闇金 サラ金 違い

サラ金にはお金を借りたことがあっても闇金はまだ使ったことがないという方は多いでしょう。しかし多重債務になって普通の金融機関で融資を受けられなければやむを得ず闇金業者を頼ってしまう子tも少なくありませんね。

闇金とサラ金についての区別がついていない人もいますが、両者には確固たる違いがあります。これからその違いについての記述をします。

この2つの違いは、簡単に説明するとその金利ということになります。サラ金とはサラリーマン金融を省略したいい方で消費費者金融のことを指します。サラリーマンとなっていますが、自営業者や学生、主婦であっても借り入れをすることが可能なケースもあり昨今は女性も気軽に利用することができるようになりました。

ここでは出資法の定める範囲内での金利で貸し付けを行っており、都道府県等に登録を行っているものです。総量規制の法則に伴って、1年間の収入の3分の1を超える貸し付けをすることはできません。

日本人であれば誰でもその名を知っているような大手の銀行が運営を行っている場合もあり、借入れをするには審査に通過をすることが求められます。

一方、闇金は都道府県に届け出をしていない場合が多いので、当然のことながら無登録となっています。出資法に定められている以上の高金利での貸し付けを行っているケースが非常に多く、中には10日で金利が1割ということもあります。

そして最近では、10日で3割から5割という高金利で貸し付けを行っている場合もあり、1週間に1回の返済を要求されることもあるのです。

悪質な取り立てを行っている闇金もあるのでお金を借りる際にはその借り入れ先について十分に調べておき、信頼できる金融機関から借りることが必要です。